中古車購入の秘訣

車の買取業者比較ランキング

中古車購入で7つの注意点【保証内容・整備記録簿も確認せよ】

中古車の購入で注意するポイントは保証内容と整備記録簿をチェックすることです。安いからという理由ですぐに飛びつくのではなくてどういった保証があるのか、整備はどういうことが行われたのか?ということを確認しておいたほうが良いでしょう。それらを踏まえて中古車購入の前に確認するポイントはこんなところです。

中古車購入で確認する7つのポイント

以下の7つのポイントを踏まえ、チェックしてみてください。

1.眺める
離れたり近寄ったりしてエクステリアに問題がないかを調べます。傷が無いか、でこぼこはないか確認しましょう。

2.比べる
他の同じ車種とも比べてみるのもポイント。発見できなかった違いが見えてきます。この価格差ならこちらでいいかといったことになることも。

3.触ってみる
細かい傷がついていないか確認します。

4.もぐる
足回りをみてみる、座って床をみてみる、タイヤをみてみましょう。

5.はぐる
ボンネットをあけてみる、トランクをあけてみる、はぐって隅々まで点検するのも後で後悔しないためにも重要です。
車についてよくわからなければ質問したり、お願いしたりしましょう。

6.乗ってみる
実際に走ってみることがポイント。自分が求めるものにあっているのか確かめる。

7.念を押して最後に確認
不安な点を聞いてみましょう。気になることは聞かないとわかりませんし、相手のことが信頼できるかも判断しなければなりません。

衝動買いにならないよにするのが大切。買いたいアピールはしすぎないように交渉すること。

やっぱり中古車というだけで故障のリスクは高まります。どういった整備が行われてきたかで自分が事故を起こしてしまう可能性だってあるのです。ですので、故障に対する保証と整備記録は確認しておきましょう。保証は厚いほうがいいですし、整備記録としては整備が毎年行われているかとか交換部品はきちんと取り替えられているのか、そういったところは確認するべきです。

中古車購入に際して保証内容を確認する

ここでいう保証は中古車を買ってすぐに故障したりした場合の対処についてです。例えば買って2年は経年による部品の交換は無償であるなど意外と保証を行っている中古車販売業者、ディーラーが増えています。それを加味した上で他店と比較すると良いでしょう。

整備記録について

また、整備記録については過去にどんな故障や事故があったのか、どんな修理をしているのかです。しっかり毎年メンテナンスしていることはほぼ必須で、故障や事故した車は
避けたいところです。ただそういった車は明らかに安いのも事実です。買い手が少ないですので。

中古車の購入なら2,3年落ちがおすすめ

形式や年代が少しでも違えば価格は大きく変わってきます。そんな中でも中古車を選ぶなら2,3年がおすすめ。1年程度古い状態だとまだまだ高い。それなら新車を買ったほうが断然お得感がある。4年以降になるとだいぶ走っている、走行距離も多いし何かしら問題が発生して安くなっているものが多い。

2,3年だとちょうど良い。1年古いのものに比べ、安いし丁寧に乗っている人の車を選べばかなり良いものもある。2,3年程度古いなら装備品もそれほどおかしなところはないし多少のメンテナンスで十分といったものも多い。そうなればメンテナンス費用がかかっていないことになり費用もそれほど高くしておかなくても良いので比較的割安に購入できます。

愛車がいくらで売れるか車買取業者に一括見積りしてみよう

一番のおすすめは「 楽天の中古車買取査定」です。車買取見積りで最大手です。このサイトでは日本全国の買い取り業者100社以上の中からエリアや条件に合わせて最大10社に査定見積りの依頼を出すことが可能です。( 事故車買取の査定依頼はこちらから

車の査定を依頼する(無料)

ディーラー査定額よりも50万円高く車を売った全行程を解説しました。
中古車買い取り業者の収益の考え方が分かれば売りたい車の買取相場は軽く読めるんです。

【2018年保存版】中古車販売店の買取手法の裏側と高く車を買取ってもらう全工程

関連記事

  1. 自動車にかかる税金

    中古車は税金がお得【自動車取得税は新車と比べてどの程度安いのか】

  2. 新古車に安く乗り換える方法【新古車が安い時期はもっとお得】

  3. 車を高く売る

    5年後に高く売れる車・高額査定の条件

  4. 車検

    車検付きはお得か?【中古車購入でだまされてはいけないこと】

PAGE TOP