車を高く売るコツ

車の個人売買がおすすめできない理由とは

売主も買い主も価格の面で大きなメリットがあるのが個人同士の売買。

車の個人売買におけるメリット

中古車売買業者や買い付け業者、ディーラーの手に渡っていないので中間マージンがごっそり抜けるので双方にメリットがあります。

しかし、それ以上にデメリットが大きいので注意が必要です。

車の個人売買で気をつけたいこと&デメリット

  1. だまされた、言った言わないの問題
    • 特に素人だったらもう文句はいえない。
    • 言った言わないの論争になる。
    • だまされたと思っても仕方がないことが発生する。
  2. アフターサービスはない
    • 後になって不具合が出てきてもどこかの整備工場に持ち込むしかない。
    • そこで初めて事故歴のある車だと分かっても手遅れ。
    • 瑕疵の免責はどのような扱いになるのかも個人同士だとどちらも面倒。
  3. 割賦支払いやローンがつかない
    • 現金一括というのが基本。
    • どちらの場にたっとしてもお金の問題は怖い。
    • 買い主側は必ず収入印紙が押してある領収書をもらったほうが良い。

また、適正な価格はもはや無効です。買う側は市場価格をチェックしなければならないです。その車と比べてどう違うのかというのも比較しなければならないポイントになってきます。

よって、中古車販売業者またはディーラーで車を買うのをおすすめします。また、売る側は個人売買であとで問題になってしまうリスクもありますし、売る側もかなり面倒です。中古車買取業者で買い取ってもらうのが一番良いと思います。

関連記事

  1. 車の査定価格は全国の地域によって異なる理由

  2. 自動車の買い取り

    車を高く買い取ってもらう秘訣【不人気車種でも諦めるな】

  3. 自動車査定

    中古車の価格はこうやって決まる!【査定の流れが分かれば高く売れる】

  4. 売りに出す車のタイプで買い取り店を決めると高く売れる

  5. 車が高く売れないときにやるべきこと【高額査定を得るには?】

  6. 自動車査定の概算見積りは信じるな【買取業者の信頼性を重視しよう】

PAGE TOP